【戦車帝国】戦車マニアも納得の超硬派ウォーシミュレーション!

戦車帝国の動画


Android iOS

戦車部隊を編成して戦うシミュレーション

「戦車帝国」は、世界で活躍した戦車を編成し、強化や改造を施して戦うシミュレーションRPGです。

sen_tei_01

日本で作られていた戦車は、もちろん世界中の戦車が200種以上も登場するので、自分の気に入っているものだけで編成できます。

陣営は栄光、正義、鉄血と3つに分かれており、おすすめを選ぶとボーナスアイテムがもらえるのも面白い仕様です。

戦車好きのミリタリーファンやシミュレーションRPG好きにオススメのゲーム「戦車帝国」を紹介します。

陣営を選んで部隊を整える

ゲームを開始すると、いきなり撤退戦が始まり、8:8の戦車が激突する激しい戦いが繰り広げられます。

sen_tei_02

この戦闘を見ているだけでもエフェクトのテンポの良さやサクサク感が分かります。

戦車はスキルが発動すると、カットインが挿入されるのも非常にカッコいい演出です。

sen_tei_03

戦闘が終わると栄光、正義、鉄血の3つの陣営から所属する場所を選ぶことができます。

好きな場所で良いのですが、おすすめの場所を選ぶと50ダイヤや50000金貨など序盤に嬉しいアイテムを獲得できます。

各陣営とも男女6人のアイコンから選べるので、自分が気に入った顔アイコンを設定しておきましょう。

sen_tei_04

陣営やプロフィールの設定が終わると、すぐに実戦へ投入されます。

最初の戦闘は、敵が弱いので一瞬で終わってしまいます。

sen_tei_05

敵から戦車を入手しているので、自分の部隊へ組み込んでおきます。

編成できる戦車の数は、レベルでロックがかかっているので、戦役を進めレベルを上げるほど様々な戦車を組み合わせて戦えます。

sen_tei_06

戦車の編成が終わったらメニューから戦役を選んで、ステージを進めます。

序盤は簡単に敵を倒せますが、進めると強くなっていくので強化や改造、新たな戦車の入手が必要となってきます。

sen_tei_07

新たな戦車の入手は、スパイによって入手します。

初級スパイ、中級スパイ、上級スパイ、エーススパイの順番で、レアな戦車を入手できます。

白、緑、青、紫、橙のカラーでレア度が分かるので、紫や橙色の戦車が出るととても嬉しくなります。

中級スパイは24時間に1回無料、上級スパイは72時間に1回無料なので、課金せずとも戦車が集まります。

どちらも初回ダイヤ消費でレアな戦車を獲得できるので、ログインボーナスなどで貯めてレア戦車を入手するのもいいかもしれません。

sen_tei_08

戦車は強化でレベルを上げると、基本性能が向上します。

戦車のレベルは、プレイヤーのレベル以上に上げることはできないので注意が必要です。

sen_tei_09

装備は武器、履帯 (りたい)、装甲、エンジンの4種で戦車の能力を大幅に上げることができます。

sen_tei_10

装備も強化が可能なので、お金に余裕がある場合は限界まで強化しておくと戦闘で有利になります。

戦闘で辛い場合は、戦車と装備を強化して乗り切りましょう。

好きな戦車が集まると嬉しい

「戦車帝国」は、スピード感ある戦闘が魅力のシミュレーションRPGです。

戦闘はオートでバンバン撃ち合うので、難しい操作を必要とせず、事前に強化など準備をしておくことが大事になります。

戦車が好きな人にはもちろんシミュレーションゲームをじっくりと楽しみたい人にもオススメのタイトルです。


Android iOS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お勧めゲームアプリ

  1. 【モンスト(モンスターストライク)】ゲームアプリをプレイしたレビュー

  2. 【城とドラゴン】ゲームアプリをプレイしたレビュー

  3. 【ビーナスイレブンびびっど!】ゲームアプリをプレイしたレビュー

  4. 【街コロマッチ!】ゲームアプリをプレイしたレビュー

  5. オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団- セガが本気過ぎた!正統派RPGがヤバい!

  6. 【PR】【戦艦帝国】ゲームアプリをプレイしたレビュー

  7. 【12オーディンズ】ゲームアプリをプレイしたレビュー

  8. 【空と大地のクロスノア】ゲームアプリをプレイしたレビュー

  9. 【ヴァルキリーコネクト】ゲームアプリをプレイしたレビュー

  10. 剣と魔法のログレス いにしえの女神 ハンター達とチャットしながら冒険しよう!

ページ上部へ戻る